アレンのプロデューサー、チャールズ・ジョフェ死去2008年07月16日 07:00

長年アレンの映画の共同プロデューサーを務めたチャールズ・ジョフェが、7/9(水)にロサンゼルスのセダー・サイナイ病院で肺の病気により78歳で死去した。

ジョフェはジャック・ロリンズと共にニューヨークでエージェントを務め、コメディ作家時代のアレンと契約した。アレンに舞台で漫談を演じるよう薦め、69年の『泥棒野郎』以降のアレン作品の製作に携わってきた。

29年にブルックリンで生まれ、ロビン・ウィリアムズやビリー・クリスタルなどのコメディアンを育ててきた。『アニー・ホール』がアカデミー作品賞を取った時はハリウッドでオスカーを受け取った。

アレンは声明を公表し、「彼の最高期には誰も彼にかなわなかった(When he was at the top of his game, nobody was better.)」と彼の死を惜しんだ。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7507084.stm

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック